人気ブログランキング |

四季折々の花を追っかけて~~~♪


by misaki5y

カテゴリ:春の花( 15 )

赤い薔薇

2008・5・27
埼玉県内最大級の規模を誇るバラ園

2008_05270008
2008_05270008 posted by (C)misaki-05

2008_05270244
2008_05270244 posted by (C)misaki-05

2008_05270050
2008_05270050 posted by (C)misaki-05

2008_05270064
2008_05270064 posted by (C)misaki-05

2008_05270203
2008_05270203 posted by (C)misaki-05
by misaki5y | 2008-05-27 00:00 | 春の花

黄色の薔薇

2008・5・27
伊奈町制施行記念公園・黄色の薔薇


2008_05270097
2008_05270097 posted by (C)misaki-05


2008_05270119
2008_05270119 posted by (C)misaki-05


2008_05270463
2008_05270463 posted by (C)misaki-05


2008_05270042
2008_05270042 posted by (C)misaki-05


2008_05270036
2008_05270036 posted by (C)misaki-05
by misaki5y | 2008-05-27 00:00 | 春の花

ピンク&薔薇

by misaki5y | 2008-05-27 00:00 | 春の花

・薔薇(ばら)科。
・開花時期は、 3/25頃~ 4/20頃。
3月下旬頃から咲き出すものと、桜より少し遅れて
4月10日頃から咲き出すものがある。
・長い枝を垂れ下げ、その先端にたくさん
花をつける。八重のものもある。
・「八重紅枝垂(やえべにしだれ)」とか
「紅枝垂(べにしだれ)」など、品種いろいろ。
・なぜ枝が垂れるのか、という研究をしているグループ
があり、「枝は伸びると重力によって下に垂れそうに
なるが、ふつうの植物にはそれに打ち勝つだけの
復元する力があり上(太陽)に向かって伸び続ける。
しかし枝垂桜にはその力が弱く、人間が支え木などを
して育てていかないと大きくならない」との
見解を出している。
・東京周辺の見どころ
<小石川後楽園>
東京ドームのお隣の静かな庭園。
枝垂桜の銘木あり。一見の価値ありです。
見頃は3月下旬。
文京区後楽。
最寄駅 → JR、地下鉄飯田橋駅、
地下鉄丸ノ内線後楽園駅
<六義園(りくぎえん)>
江戸時代からの名園。
文京区本駒込。
最寄駅 → JR山手線駒込駅
<長興山(ちょうこうざん)>
箱根の入口にある、長興山紹太寺跡。
神奈川県随一の銘木と言われる枝垂桜がある。
小田原市入生田長興山。
最寄駅 → 箱根登山鉄道の入生田(いりうだ)駅
駅から、ずっと登り坂です。

・似ている花
桜 桃 杏 梅 十月桜 姫林檎
八重桜 寒桜 梨 アーモンド

新宿御苑

2008_03260143
2008_03260143 posted by (C)misaki-05

2008_03260123
2008_03260123 posted by (C)misaki-05


金仙寺

2008_03280210
2008_03280210 posted by (C)misaki-05

2008_03280166
2008_03280166 posted by (C)misaki-05


智光山公園
2008_04110037
2008_04110037 posted by (C)misaki-05


2008_04110038
2008_04110038 posted by (C)misaki-05

ブログランキングに参加してます。
気に入っていただければポッチと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

にほんブログ村 写真ブログ マクロ撮影へ
by misaki5y | 2008-04-13 16:31 | 春の花

チューリップ

・百合(ゆり)科。
・開花時期は、 4/ 1頃~ 5/ 5頃。
・トルコのオーストリア大使がヨーロッパに紹介した。
大使が初めてこの花を見たとき通訳に名前を尋ねたが、
通訳が、「自分が頭に巻いているターバン(チュルバン)
に似ているもの」と答えたために、
それが花の名前になった
・1635年頃と1732年頃の2回、オランダを中心にして
チューリップの球根が投機の対象になり、
「チューリップバブル」状態になった。
・オランダ、トルコ、アフガニスタンなどの国花。
(多くの国の国花となっている)
・1月15日、2月20日、3月19日、
4月1日、5月1日、10月24日の誕生花
・花言葉は「華美、恋の告白、美しい目、魅惑、
博愛、思いやり、真面目な愛、正直、丁重」
・新潟県と富山県の県花(チューリップ)


無題
無題 posted by (C)misaki-05



無題
無題 posted by (C)misaki-05


2007_04290445
2007_04290445 posted by (C)misaki-05

無題
無題 posted by (C)misaki-05


2007_04290331
2007_04290331 posted by (C)misaki-05
by misaki5y | 2008-04-13 16:05 | 春の花

紅梅

・薔薇(ばら)科。
・開花時期は、 1/25頃~ 4/ 5頃。
1月下旬から咲き出すもの、3月中旬から咲き出すものなど、さまざま。
桜とちがって、咲き方も散り方もゆっくり。
梅が咲き出すと、なんとなく春の訪れを感じる。
・漢名でもある「梅」の字音「め」が変化して 「うめ」になった。
・いろいろな園芸種がある。
・とてもよい香りの5弁花。
「馥郁(ふくいく)たる梅の香り」の”馥郁” とは、「とてもよい香り」の意味です。
・中国原産。奈良時代の遣隋使(けんずいし)か遣唐使(けんとうし)が中国から
持ち帰ったらしい。
・「万葉集」の頃は白梅が、平安時代になると 紅梅がもてはやされた。
・幹がゴツゴツしているのが梅の特徴。
花を見ただけでは桜などと区別がつきにくい。
・別名 「好文木」(こうぶんぼく)、
「木の花」(このはな)、
「春告草」(はるつげぐさ)、
「風待草」(かぜまちぐさ)。
・1月1日、2月3日の誕生花(梅)。
・花言葉は「厳しい美しさ、あでやかさ」(梅)。
・和歌山県の県花(梅) 梅干しの名産地です。
福岡県の県花(梅) 菅原道真ゆかり。
大分県の県花、県の木(豊後(ぶんご)梅)
山形県の県の木(梅)
・枝垂梅はこちら → 枝垂梅(しだれうめ)
・梅擬(うめもどき)は”梅に似ている”という名前です。
・似ている花
桜 桃 杏 十月桜 姫林檎 八重桜 枝垂桜 寒桜 梨 アーモンド すもも  ゆすらうめ


2008_03040225
2008_03040225 posted by (C)misaki-05


2008_03040160
2008_03040160 posted by (C)misaki-05


2008_03040207
2008_03040207 posted by (C)misaki-05


2008_03040224
2008_03040224 posted by (C)misaki-05


2008_02280126
2008_02280126 posted by (C)misaki-05


2008_02280144
2008_02280144 posted by (C)misaki-05
by misaki5y | 2008-03-10 00:12 | 春の花

木通(あけび)の花

2006・4・14
自然教育園で撮影


・木通(あけび)科。
・学名 Akebia quinata (木通)
Akebia trifoliata (三葉(みつば)木通)
Akebia : アケビ属 (日本名「アケビ」)
quinata : 五枚の小葉の
trifoliata : 三枚の葉の
学名 A へ

・開花時期は、 4/ 1頃~ 4/ 末頃。
・つる性植物。
・名前は、実が熟して割れたさまが、人の「あくび」
に似ていることから「あけび」に変化していった。
また、実は熟してくるとぱっくり口をあけたように
裂けることから、「開け実」→「あけび」になった、
という説もある。白い中身は食べられる。
つるの部分は利尿作用があり、漢字の「木通」は、
「小水が通じるつるの木」からきているらしい。
・木通の葉は5枚で丸っこく、
三葉木通の葉は3枚で、ふちは波状になっている。
・春の若菜は”おひたし”やお茶(アケビ茶)に使われる。
・江戸時代は、実の中の種子から油を採った。
・実は郁子(むべ)に似ている。

f0085905_23511958.jpg


f0085905_23513671.jpg


f0085905_23522625.jpg

by misaki5y | 2006-04-20 23:52 | 春の花
2006・4・14
自然教育園で撮影

・紫蘇(しそ)科。
・春に紫色の唇形の花が段々に一方向を向いて咲く。
・花の名前は、
昔、渡辺綱(わたなべのつな)が、
 京都の羅生門で退治した鬼女の腕になぞらえたもの。
・似ている花 立浪草 モルセラ サルビア 秋桐

f0085905_2345358.jpg


f0085905_23462459.jpg

by misaki5y | 2006-04-20 23:46 | 春の花

二輪草 (にりんそう)

2006・4・14
自然教育園で撮影

・金鳳花(きんぽうげ)科。
・春に咲く。
・地下の根茎で繁殖するため、しばしば大群落をつくる。
・ひとつの草から2つの花茎が伸びてくる。 (1つや3つのときもあります)
・若葉は山鳥兜にそっくり。 食用にされる方は注意しましょう。
・似ている花 一輪草 梅花黄蓮

f0085905_2339213.jpg


f0085905_23395375.jpg


f0085905_23404983.jpg

by misaki5y | 2006-04-20 23:41 | 春の花
2006・4・14
自然教育園で撮影

・金鳳花(きんぽうげ)科。
・茎先に一輪だけ白い花を咲かせる。
・別名 「市毛草(いちげそう)」
「裏紅市毛(うらべにいちげ)」
花びらの裏面が紅を帯びるため
・似ている花 二輪草

f0085905_2333198.jpg


f0085905_23335252.jpg

by misaki5y | 2006-04-20 23:34 | 春の花